人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

<   2014年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

歴史好きの小生にとって史跡が多い嵐山町は、蝶以外でも魅力的な土地です。
歴史探訪シリーズとして史跡を数回に分けて紹介致します。
蝶探索して都幾川橋にでました。
d0251807_19365457.jpg

橋のそばには 鎌形八幡神社があります。
悲劇の源氏3代義賢、義仲、義高(下記参照)と縁が深い神社です。

源義賢:源頼朝の父の弟、現嵐山町大蔵に館を構える。当時勢力争いをしていた
 兄の手勢に館を急襲され絶命。
源義仲:義賢の嫡男、源頼朝のいとこ。義賢絶命時危うく難を逃れ、地元の豪族
 畠山氏の助力で木曽に落ち延びる。後の木曽義仲である。倶利伽羅峠の戦いで
 平家の大軍を破り上洛を果たすが、京の治安に失敗し朝敵となる。源頼朝の名代
 源義経軍と交戦し敗死。
源義高:義仲の嫡男、源頼朝の娘大姫の婿(実質人質)となる。義仲敗死後謀殺
 計画があることを知った大姫は、こっそり義高を鎌倉から逃がす。義高は父の故郷
 嵐山町を目指すが、途中の入間川で鎌倉の追手に討たれる。享年12才であった。
d0251807_1937342.jpg

木曽義仲は、畠山重忠と並ぶ地元出身の英雄である。
d0251807_19371457.jpg

境内には、義仲産湯の清水がある。
d0251807_1937231.jpg

by chosanpo | 2014-10-30 20:34 | その他
新たに見つけたセンダングサポイントに立ち寄りました。
ウラナミシジミが数頭飛来していました。先ずは、吸蜜シーンです。
d0251807_204654.jpg

吸蜜しながらの半開翅です。
d0251807_2041547.jpg

全開翅シーンです。雌個体のようです。
d0251807_2042759.jpg

体の向きを変えました。
d0251807_2044420.jpg

by chosanpo | 2014-10-29 20:13 | シジミチョウ
メインポイントにある食草のススキを草刈されてしまったので、今年の成虫観察は
難しいと思っていました。
しかし樹液ポイントの前にくると、何と成虫がいました。雌個体でしょうか。
d0251807_1817022.jpg

コンデジによるUP撮影です。樹液吸蜜のストローが良く見えます。
d0251807_18171175.jpg

右に廻り込んでアングルを変えました。幹から樹液がしみ出ていてハチも参戦して
いました。
d0251807_1817251.jpg

反対側からのUP撮影です。
d0251807_18173891.jpg

by chosanpo | 2014-10-28 18:41 | ジャノメチョウ
時々行く公園です。
コナラ幹途中の小枝二又部の白点が目に入りました。
d0251807_19333278.jpg

UPします。何とオオミドリシジミの卵です。
昨年は卵、幼虫共全く見かけず、絶滅したかな?と思っていました。生き延びていた
ようです。
d0251807_19334515.jpg

さらにUPします。
d0251807_19335735.jpg

別の幹の小枝二又部にも卵がありました。
d0251807_19341050.jpg

UPします
d0251807_19342336.jpg

ピンとこない方もいると思いますので成虫写真を掲載しておきます。
2014/06/14群馬で撮影
d0251807_19412696.jpg

by chosanpo | 2014-10-27 19:55 | シジミチョウ
柿ポイントに立ち寄りました。
d0251807_17383838.jpg

ウラギンシジミが2頭舞っており、内1頭が柿の葉上に止まりました。
d0251807_17384844.jpg

しばらく観察していると半開翅してくれました。
d0251807_17385867.jpg

体の向きを変えました。
d0251807_1739797.jpg

飛翔して待望の柿吸汁シーンです。
d0251807_17392097.jpg

by chosanpo | 2014-10-26 17:50 | シジミチョウ
1週間前にねこきちさん のご指導でアサマイチモンジの幼虫を撮影済ですが、今回は独力での幼虫探しです。
以前成虫を見かけた場所に立ち寄りました。
幼虫探しのポイントは、食草スイカズラのつる先端の葉の食痕です。
あっさり見つかりました。画面左右に2頭います。
d0251807_19154622.jpg

左個体をUPします。2齢のようです。葉柄を残してきれいに葉を食べています。
「カムフラージュカーテン」呼ばれる枯らした葉の小片が葉柄にぶら下がっています
その目的は、擬態して天敵から身を隠す為だそうです。
d0251807_19161677.jpg

下方からのアングルです。
d0251807_19163450.jpg

右個体をUPします。同じく2齢のようです。
d0251807_19171884.jpg

下方からのアングルです。
d0251807_19172824.jpg

by chosanpo | 2014-10-22 19:39 | タテハチョウ
下記理由でツマグロキチョウ探索に出かけました。
①2年前と4年前のこの時期埼玉県某所で目撃例がある。
②秋型は、夏型と比較するとキタキチョウとの判別が容易である。
黄色い飛翔個体を見つけると花に止まるのを待ち、目視あるいは遠目から撮影して
ツマグロキチョウ/キタキチョウの判別作業の繰り返しです。
玉石混合ならまだ良いのですが、砂利の山に埋もれた1つの小さな宝石を探すような
ものでした。
そういう状況の中、キタチョウの下記斑紋発達型を見つけました。ミナミキチョウばり
の裏前翅外側に大きい斑紋があります。
台風一過の後だけに、一瞬「ミナミキチョウの迷蝶」と錯覚してしまいました。
斑紋発達個体
d0251807_18231777.jpg

ネットで調べると秋型は、斑紋が大きくなることが判りました。これだけ斑紋が発達した
個体は、初めて目撃しました。
ごく普通の個体を掲載しておきます。
普通個体
d0251807_18232827.jpg

by chosanpo | 2014-10-21 18:59 | シロチョウ
いつもの公園です。
柿の上にヒカゲチョウが止まっているのに気づきました。
d0251807_1827364.jpg

様子を見ていると、隣の柿の下側に移動しました。柿の一部が欠けて熟しているようです。
d0251807_18274837.jpg

真下からのアングルです。熟柿の状態が判ります。
d0251807_18275815.jpg

やや斜め下からの撮影です。今度は、蝶が良く見えます。
d0251807_182871.jpg

by chosanpo | 2014-10-20 18:48 | ジャノメチョウ
本日は、セイタカアワダチソウに訪れる蝶の紹介です。黄色一色の世界です。
1番手は、キタテハです。
d0251807_2032620.jpg

全開翅シーンです。
d0251807_2042133.jpg

2番手は、ツマグロヒョウモン雌です。
d0251807_2043158.jpg

全開翅シーンです。
d0251807_2044989.jpg

3番手は、ウラナミシジミ雌120度開翅です。
d0251807_205128.jpg

by chosanpo | 2014-10-19 20:46 | タテハチョウ
サトキマランドです。ねこきちさん にいろいろ教えて頂きました。
ミカンポイントです。
1番手は、ナガサキアゲハの幼虫です。そばで見ると大きく迫力があります。
d0251807_18304841.jpg

腹側からのアングルです。
d0251807_18305945.jpg

ナガサキアゲハの蛹です。
d0251807_1831115.jpg

正面からのアングルです。エラがはっているのが特徴です。
d0251807_18312231.jpg

2番手は、モンキアゲハの蛹です。への字の形状が特徴です。
d0251807_18313360.jpg

正面からのアングルです。
d0251807_18314378.jpg

3番手は、アゲハチョウの幼虫です。
d0251807_18315684.jpg

by chosanpo | 2014-10-17 20:14 | アゲハチョウ