人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

<   2014年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ゼフィルスの森を訪れました。
ミズイロオナガシジミの羽化ラッシュでした。20頭以上の個体を確認しました。
最初の個体です。
d0251807_18334113.jpg

UPします。黒帯発達型ではありませんが、黒帯の幅が比較的大きい個体です。
d0251807_18335425.jpg

通常個体です。この日見た個体は、上記個体以外はすべてこの黒帯幅でした。
d0251807_18341340.jpg

黒帯幅が大きい個体に戻ります。上方からの撮影です。
d0251807_18342575.jpg

葉裏からのシルエット撮影です。
d0251807_1834386.jpg

羽化直後個体のようで指パーフォーマンスに挑戦しました。
d0251807_18344928.jpg

今週は、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミの3種ゼフィルスが見
られるようです。
by chosanpo | 2014-05-31 18:54 | シジミチョウ
本記事はオフシーズンに掲載予定でしたが、タイムリーな掲載の方がよりベターで
あると判断しました。
今年の目標の1つに平地性ゼフィルスの幼虫飼育がありました。
本格的にやるとスペースの問題、家族が嫌がる等の問題が発生します。又、食草を
毎日交換するのは、会社員の方には現実的ではありません。
そこで蝶友から受領した文献、ネット情報を機能面から総合的に検討して誰でも簡単
に出来るコンパクトな飼育箱を製作しました。注意点としては、1)新鮮な新葉を与え続
ける2)低温環境で育てる3)幼虫を過密にしないです。
下記写真1、2はアカシジミの例ですが、ミズイロオナガシジミも全く同様です。
写真1
d0251807_18324054.jpg

写真2
d0251807_18265966.jpg

必要な材料は、簡単で下記の通りです。
①飼育箱:タッパウエア(100円ショップ購入)の蓋を一部切欠いたもの
②ネット:洗濯ネット(100円ショップ購入)を上記切欠より一回り大きくカットしたもの
      セロテープで固定
③水容器:フィルムケースの蓋にキリ穴をあけたもの、水を入れておきます
④ティッシュペーパ:糞掃除用、湿度調整用
⑤新葉:萎れてきたら交換(日の当たらない室内で5日程度持ちます)
重要なのは、新葉の交換時期と交換方法です。
交換時期:萎れてきたら交換が基準ですが、下記兆候があったら即交換です。
1)食欲が急激に低下した時2)新葉以外の場所に止まっている
食事中以外は、新葉の裏でじっとしています。健康状態をチェックする為には、食痕、糞の有無を絶えず観察する必要があります。
交換方法:幼虫は古葉に執着しており、無理に引きはがすとストレスがかかります。
そこで幼虫より一回り大きいサイズに古葉を切り取り、蓋の上に置きます。(写真2のイメージ)
すると新葉に自然に移動してくれます。
小生の場合、自宅そばの雑木林にコナラが自生しており、食草に困りませんでした。
前置きが長くなりましたが、以下はミズイロオナガシジミ飼育記録です。
2014/04/29 4齢採虫
d0251807_18274183.jpg
2014/05/04 4齢茶色化
d0251807_1828206.jpg
2014/05/06 前蛹
d0251807_18284767.jpg
2014/05/08 蛹
d0251807_18292591.jpg
2014/05/22 羽化、会社に行っている間でした。残念ながら羽化瞬間見れず。
d0251807_18295916.jpg

羽化個体UP
d0251807_18301245.jpg

2014/5/25 放蝶(於採虫場所)
d0251807_20293560.jpg

すべての平地性ゼフィルスの幼虫飼育をした訳ではありませんが、ネット情報に基づく推定を交えると下記が言えると思います。
①ミズイロオナガシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ:上記方法で飼育可能だと思います。
②ミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ:食草の入手がポイントになります。枝を切ると枯れ易いです。ミドリシジミは、巣に執着するのでより広い飼育空間が必要になります。
③オオミドリシジミ:柔らかい新芽しか食べないので、その入手がポイントになります。
by chosanpo | 2014-05-30 21:30 | シジミチョウ
イボタポイントを訪れました。
さっそく初見個体を見つけました。
d0251807_18214738.jpg

UPします。
d0251807_1822227.jpg

正面からの撮影です。
d0251807_18221212.jpg

別個体です。開翅の可能性があると思い、しばらく観察することにしました。
d0251807_1822347.jpg

辛抱の甲斐あり、45度まで開翅してくれました。雄個体のようです。
d0251807_18224642.jpg

120度開翅まであっと言う間でした。
d0251807_18225499.jpg

左に廻り込んでの待望の全開翅シーンです。
d0251807_1823593.jpg

by chosanpo | 2014-05-29 18:34 | シジミチョウ
ゼフィルスの森を訪れました。
現地でヒメオオさんにお会いしました。いっしょにゼフィルスを探すことにしました。
今年初見のウラナミアカシジミを見つけました。
d0251807_18285538.jpg

別個体を直近撮影しました。
d0251807_182981.jpg

体の向きを逆に変え、後翅を少し開いてくれました。
d0251807_18293363.jpg

後方からの撮影です。雌個体のようです。
d0251807_18294493.jpg

下側からの面白いアングルです。
d0251807_18295376.jpg

アカシジミの吸蜜個体を見かけました。
d0251807_18302240.jpg

ウラナミアカシジミ、アカシジミの2ショットシーンです。
d0251807_18303438.jpg

この日は、アカシジミよりウラナミアカシジミの個体数が多かったようです。
by chosanpo | 2014-05-28 18:45 | シジミチョウ
オオルリシジミポイントへ立ち寄りました。
冒頭写真は、珍しいノアザミでの吸蜜シーンです。この後左側に廻り込んでUP撮影
を狙いましたが、飛ばれてしまいました。
d0251807_19532822.jpg

葉上個体を見つけました。
d0251807_19534437.jpg

UPします。
d0251807_1954156.jpg

蝶友が食草クララに交尾ペアがいると教えてくれました。
d0251807_19541234.jpg

交尾ペアに別の雄個体が絡んできたシーンです。
d0251807_19542155.jpg

帰り際にサプライズがありました。
撮りたいと思っていた食草での産卵シーンです。
d0251807_1954505.jpg

飛び去った後の状態です。
d0251807_1955180.jpg

卵をUPします。
d0251807_19552041.jpg

ここ数年訪れていますが、個体数が一番少ない年でした。
by chosanpo | 2014-05-27 20:16 | シジミチョウ
本日は、雌個体、産卵、求愛の紹介です。
雌ポイントへ移動しました。食草のミヤマハタザオに丁度止まってくれました。
d0251807_19152363.jpg

飛翔して別の葉上での全開翅シーンです。
d0251807_19154017.jpg

第2食草のハルザキヤマガラシに飛来してくれました。
d0251807_19155262.jpg

雌個体の動きがおかしいので、注意深く観察していると何と想定外の産卵シーンです。
この光景は、生涯初見となります。第2食草にも産卵するようです。
d0251807_1916340.jpg

産卵直後の白卵をUPします。産卵後数日経過したオレンジ色の卵しか見たことがない
ので感激の瞬間です。白卵も生涯初見となります。
d0251807_19162270.jpg

この日は、オマケがありました。
雄が雌を追いかける求愛飛翔シーンを2枚連続で掲載致します。
d0251807_19163416.jpg
d0251807_19164458.jpg

by chosanpo | 2014-05-26 19:43 | シロチョウ
オレンジポイントへ向かいました。
現地でダンダラさん、daronさん、久し振りのさいたまのSさん、昨年お世話になった地元
のNさんにお会いしました。
昨年に続きオレンジに包まれたかけがえのない至福な時間を過ごすことが出来ました。
昨年以上の成果があり、雄個体、雌個体と産卵の2回に分けて掲載します。
本日は、雄個体編の紹介です。
d0251807_16131447.jpg

先づ第1ポイントへ向かいました。9時過ぎても飛翔個体が見えないので第2ポイント
へ移動しました。先客が2名おり、3人で女王の飛翔を待ちました。
スミレポイントでチャンスが訪れました。待ちに待ったオレンジが眩しい瞬間です。
d0251807_16133220.jpg

逆さ吸蜜シーンです。
d0251807_16134551.jpg

半開翅吸蜜シーンです。
d0251807_16135587.jpg

今度は、ぶら下がり120度開翅吸蜜シーンです。
d0251807_1614927.jpg

待望の全開翅吸蜜シーンです。
d0251807_1614207.jpg

雌個体を撮影する為別ポイントへ移動する頃には、蝶友が10名以上に増えていました。
by chosanpo | 2014-05-25 16:41 | シロチョウ
ハンノキポイントを訪れました。
狙いは、幼虫の樹降り調査です。枝先のギョウザ型の巣をチェックしました。
d0251807_19192445.jpg

先づ1つ目の巣ですが、幼虫のいない空き巣でした。
d0251807_19193627.jpg

次に2つ目の巣ですが、今度は終齢幼虫がいました。ざっと調べて8割の幼虫が樹降
りを終えたようです。
d0251807_19194845.jpg

この後、幹を観察すると何と樹降り個体がいました。この蝶の樹降りは知っていまし
たが、実際に見たのは初めてです。生涯初見となります。樹降り速度は小生の予想
を超えた速さです。外敵を避ける為の本能でしょうか。孵化したての海亀の子が産卵
場所から一目散に海を目指す光景と重なりました。
d0251807_1920176.jpg

樹降り個体をUPします。
d0251807_19201317.jpg

あっという間に根部に到達して動かなくなりました。撮影しようとカメラを構えると右上
に先着樹降り個体の蛹が目に入りました。
d0251807_19203372.jpg

蛹をUPします。蛹の色から判断して蛹化数日後でしょうか。蛹も生涯初見となります。
アリが蛹にまとわりついていました。
d0251807_19204437.jpg

側面からの撮影です。
d0251807_19205418.jpg

本日は、ねこきちさん が泣いて喜びそうな記事内容となりました。
by chosanpo | 2014-05-22 19:57 | シジミチョウ
トチノキのそばの花にウスバシロチョウが飛来しました。
そっと接近してUP撮影しました。面白い写真が撮れました。
d0251807_19181335.jpg

さて本日は、この蝶の交尾拒否の紹介です。
雌が翅を開いて尾を立てています。モンシロチョウと同じ交尾拒否体勢ですが、尾を
立てる角度が浅いようです。
d0251807_19182748.jpg

そこに雄が、飛来した瞬間です。
d0251807_19183612.jpg

雄は翅をバタバタさせて必至です。
d0251807_19184444.jpg

無理やり交尾をトライしていましたが、結局あきらめて飛び去りました。
この日は、この光景を複数回目撃しました。
d0251807_1918525.jpg

by chosanpo | 2014-05-20 19:44 | アゲハチョウ
トチノキポイントです。本日は、満開のトチノキの花に訪れる8種蝶の紹介です。
平日だというのにダンダラさんご夫妻、mtanaさん、久し振りのさいたまのIさん
他数名の蝶友が来ていました。
d0251807_1844244.jpg

先づは、本命のアオバセセリです。上からのアングル撮影です。
d0251807_18441679.jpg

横を向いてしめたと思いましたが、羽ばたく瞬間でピンボケとなりました。
d0251807_18442423.jpg

次は、圧倒的個体数のウスバシロチョウです。
d0251807_18443995.jpg

開翅シーンです。
d0251807_1844484.jpg

他の蝶は、種名のみ記します。
オナガアゲハ
d0251807_18445882.jpg

サカハチチョウ
d0251807_198284.jpg

ダイミョウセセリ
d0251807_18452344.jpg

スジグロシロチョウ
d0251807_18453143.jpg

アオスジアゲハ
d0251807_18454372.jpg

コミスジ
d0251807_19123480.jpg

by chosanpo | 2014-05-19 19:14 | セセリチョウ