人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo
カレンダー

<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

第12弾は、ウスバシロチョウです。
埼玉中部(ウスバシロチョウ)2011/4/25撮影
ムラサキケマンが咲き乱れるこの時期は、ここ数年決まってこの蝶を
撮影するためにこのポイントを訪れます。
優雅にゆっくり飛翔する光景は、この蝶ならではで春の風物詩だと思い
ます。このポイントの蝶は、他の場所に先がけて羽化します。
さっそくタンポポに止まっている吸蜜個体を見つけました。
d0251807_18335576.jpg

ショカツサイに止まっている別吸蜜個体を見つけました。
白と紫のコントラストが何とも言えない美しさで人の目を引き寄せます。
紫の背景が1番似合う蝶だと思います。
d0251807_1834511.jpg

観察しているとすぐ開翅してくれました。透明感ある翅色で的を得た
ネーミングだと思います。
d0251807_18341886.jpg

by chosanpo | 2012-01-29 19:06 | アゲハチョウ
いつもの公園に出かけました。
奥の散策路で公園の観察指導員の方に桜の樹にキノカワガがいると教
えて頂きました。
d0251807_2338074.jpg

UPします。日が当たっているせいか擬態度は今一つで目立ちます。
d0251807_23381311.jpg

公園の入り口近くで、オスのモズを見つけました。フェンス越しに撮影
しました。
d0251807_23382452.jpg

すぐそばで枝から枝へ移動中のホオジロのペアを見つけました。
d0251807_23383598.jpg

木道散策路に移動しました。
ハクセキレイがしきりに尾を振りながら餌を探していました。
d0251807_23384492.jpg

撮影時は、不明でしたがどうやらキセキレイのようです。
d0251807_23385516.jpg

by chosanpo | 2012-01-29 00:01 |
第11弾は、埼玉では見れないウラミスジシジミです。
栃木(ウラミスジシジミ)2011/06/26撮影
いるという情報を聞いて栃木のポイントへ出かけました。
クヌギの樹の上方の葉上に止まっている個体を見つけました。初見のウラ
ミスジシジミ(別名ダイセンシジミ)です。この蝶は、図鑑を見ていつ
も「ためいき」をついていた蝶です。長野方面にいると聞いたことがあり
ますが正確なポイント情報が得られなかったからです。
d0251807_14502328.jpg

この日は「ヒメオオの寄り道」のヒメオオさん、「自然散策雑記帳」のねこきちさん、地元の〇〇さん、「蝶鳥ウオッチング」のyodaさん、「風任せ自由人」のmaximiechanさん、「てくてく写日記」のbanyanさん計7名のほぼフルキャストメンバによる撮影会となりました。
ゼフ棒で枝をたたいたところ、飛翔して下草に止まりました。
d0251807_1450321.jpg

しばらく観察すると体の向きが上下逆になってくれました。
d0251807_14504149.jpg

by chosanpo | 2012-01-28 15:19 | シジミチョウ
第10弾は、ゼフィルスの季節到来を知らせるウラナミアカシジミです。
埼玉南部(ウラナミアカシジミ)2011/06/04撮影
この蝶を3年前初めて見た時は、模様、オレンジ色に驚いた記憶があります。
ポイントに到着して林縁を良く観察したところ、葉上に止まっている
個体を見つけました。
d0251807_1665257.jpg

別の林縁沿いを少し歩いたところで笹の新芽に別個体を見つけました。
翅がやや開いている個体でオスのようです。
d0251807_167250.jpg

このすぐそばでもう1頭いると思ったらこちらはアカシジミでした。
d0251807_1671097.jpg

by chosanpo | 2012-01-27 16:27 | シジミチョウ
第9弾は、日本の国蝶であるオオムラサキです。
埼玉中部(オオムラサキ)2011/07/03撮影
この蝶は蝶に関心のない人でも知っている大きくて美しい蝶です。
栃木方面に遠出した帰路、このポイントに立寄りました。
到着したのは午後3時過ぎでしたが、蝶がいる確率は高いと思ってい
ました。なぜならこの場所で午前中に放蝶会があったからです。
やはり吸蜜個体がいました。黄色いストローが見えます。
d0251807_9264916.jpg

大きな羽音が聞こえたので、良く見るとオスが樹上から舞い降りてき
ました。全開翅の瞬間にシャッターを押しました。
d0251807_927914.jpg

今度は、メスが吸蜜に飛来しました。オスより一回り大きいようです。
d0251807_9271894.jpg

撮影時間は、正味30分程の効率の良い日でした。
by chosanpo | 2012-01-22 09:50 | タテハチョウ
第8弾は、ゼフィルスのメジャー蝶であるミドリシジミです。
埼玉中部(ミドリシジミ)2011/06/19撮影
この蝶は小生が「蝶写真の世界」に入るきっかけとなった蝶の1つです。
この年は、ミドリシジミ大不作の年でした。小生が知っている2、3ケ
所のポイントへ出かけましたが、樹上に2頭目撃しただけで撮影できま
せんでした。有名な埼玉のA公園でも同様な結果だとブログ仲間に聞き
ました。
別の蝶狙いで時々行く公園に出かけました。
たまにお会いする女性カメラマンの方にミドリシジミがいると教えて頂
きました。1年ぶりの再会です。大不作の年だけに新鮮な気持ちでした。
d0251807_1003528.jpg

この後、奥の散策路に行きその帰りにヒメジョンで吸蜜個体を見つけま
した。翅がやや傷んでいるのが残念ですが、この蝶の吸蜜シーンは意外
に少ないと思います。
ストローが見えるのが良く判ると思います。
d0251807_1005318.jpg

飛翔して別の花に止まりました。
d0251807_101247.jpg

訂正
後半2枚の写真はミドリシジミではなくカラスシジミです。訂正致します。
小生ミドリシジミと思い込んでいました。カラスシジミは、初見となります。
この公園にカラスシジミがいるのは今まで聞いた事がありませんでした。
by chosanpo | 2012-01-21 10:31 | シジミチョウ
第7弾は、本ブログのシンボル蝶であるアオバセセリです。
埼玉中部(アオバセセリ)2011/05/13撮影
この蝶はギフチョウとゼフィルスの間に出現する小生の好きな蝶で、この姿を見ると
ワクワクします。
ミツバウツギの満開を狙ってポイントに出かけました。8分咲から満開
時が観察時期で、満開を過ぎると見向きもしないのは例年の実績から判っ
ています。やはり吸蜜個体がいました。
d0251807_1415395.jpg

飛翔して別の花に止まりました。
この時埼玉のKさん、「蝶・チョウ・ゆっくり歩き」のchochoensisさんにお会いしました。
d0251807_14151421.jpg

さらに飛翔して楽しませてくれました。ただ例年より人の気配に敏感で
最後までUPで撮らしてくれませんでした。
d0251807_14152641.jpg

この日確認できた個体は、結局3頭でした。例年より個体数が少ないよ
うです。
by chosanpo | 2012-01-20 14:55 | セセリチョウ
いつもの公園に出かけました。
1/4に観察したウラギンシジミのぺアがどうなっているのか確認すると
全く同じ場所に止まっていました。気温が低くて移動できないのでしょう。
d0251807_19413071.jpg

他の蝶は、期待できない季節なので蝶以外の被写体をさがすことにしました。
木道散策路でイタチを見つけました。木道の下から覗いたイタチと目と目
が合ってしまいました。愛くるしい顔をしています。
d0251807_19422053.jpg

次の瞬間サッと木道を横切って湿原に姿を消しました。
d0251807_19423254.jpg

別の散策路でメスのジョウビタキが赤い実を食べている場面に遭遇しました。
d0251807_19431328.jpg

飛翔してすぐそばの標識に止まりました。近づいても逃げません。
思い切って寄りUPで撮影しました。
d0251807_19432654.jpg

普段行かない散策路でオスのルリビタキを見つけました。人の気配に
敏感で遠くからの撮影となりました。
d0251807_19433931.jpg

すぐそばの用水路でホオジロを見つけました。
d0251807_1944372.jpg

by chosanpo | 2012-01-16 20:30 | シジミチョウ
第6弾は、春と夏で翅裏面斑紋の色調が異なる春型トラフシジミです。
埼玉中部(春型トラフシジミ)2011/04/10撮影
この蝶の姿をみると蝶シーズン本格到来を実感します。
ポイント近くの桜の花を見上げた時、吸蜜個体を見つけました。
1枚撮影して、別方向から撮ろうと考えているとすぐに飛び去ってし
まいました。
d0251807_18282412.jpg

ポイントに移動して笹に止まっている別個体を見つけました。半開きの
光景もなかなか良いものです。
d0251807_18292427.jpg

しばらく観察していると全開翅を披露してくれました。
この蝶の全開翅は意外に少なく、初見でした。青紫が眩しい個体でした。
d0251807_18293250.jpg

by chosanpo | 2012-01-15 18:51 | シジミチョウ
いつもの公園に出かけました。
桑の葉がすっかり落葉して枝先が丸見えになりました。
枝先にクワコの繭を見つけました。
d0251807_17531491.jpg

クワコは、カイコの原種です。昨秋見つけたクワコの写真を再掲します。
2011/10/16撮影
d0251807_18272840.jpg

良く観察すると枝先に他にもクワコの繭が複数ついています。この落葉
時期にならないと繭の存在は判らないはずです。
d0251807_17532977.jpg

UPします。上部に穴らしきものが見えます。
d0251807_17533982.jpg

上方から撮影しました。穴が良く見えます。羽化した成虫は、この穴
から飛び立つようです。
d0251807_1753513.jpg

穴を覗くと茶色のものが見えます。図鑑によるとこの時期の繭の中は
空のはずです。この繭は用済で自然界に朽ちていく運命なので気がひ
けましたが思い切って開いてみることにしました。
茶色の正体は、蛹の抜け殻でした。
小生クワコのライフサイクルの一部を理解してこのポイントを後にし
ました。
d0251807_17545844.jpg

by chosanpo | 2012-01-14 18:29 |