人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo
カレンダー

<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

いつもの公園で「風任せ自由人」のmaximiechanさんにお会いしました。
昨日見つけたクロコノマチョウのポイントへご案内しました。
このそばに生えているススキに食痕があることにmaximiechanさんが気付かれ
ました。これまでとは違うポイントです。ひょっとしたら思い、2人で幼虫をさ
がしたところやはりいました。
d0251807_16133489.jpg

もう少し良くさがしたところ蛹も発見しました。
d0251807_16134329.jpg

蛹は、複数でした。この日確認出来た個体は、結局幼虫1頭、蛹4頭でした。
残念ながら成虫は確認出来ませんでした。
d0251807_16135223.jpg

その途中で白く目立つものを見かけました。ウラギンシジミです。気温がやや低
めのせいかじっとしていました。
d0251807_1614740.jpg

昼前に別の公園に移動しました。
気温の変化が激しく、季節外れの桜が数輪咲いていました。
d0251807_16141763.jpg

午後から完全に曇り天気になり、見かける蝶はヤマトシジミのみとなってしま
いました。花に的を絞り、撮影することにしました。
d0251807_16142618.jpg

別の花に止まる個体を見つけました。
d0251807_16143914.jpg

by chosanpo | 2011-10-30 17:01 | ジャノメチョウ
午後から別の公園に移動しました。
先週記載したセイタカアワダチソウの蝶ポイントへ急ぎました。唖然としました。
花、草が根こそぎ刈られて丸坊主でした。昨年メスグロヒョウモンがいた大事な
ポイントだったのですが‥‥。近々お祭りがある為だそうです。
仕方なく別の散策路へ行き、メスのウラギンシジミに出会いました。
d0251807_5514688.jpg

その先の散策路でキタキチョウの吸蜜オス個体を見つけました。
ストローが良く見えます。
d0251807_552147.jpg

さらに歩くと小さな黄色の花に止まるベニシジミを見つけました。やや古い個体
のようです。
d0251807_5521433.jpg

草穂に止まるヤマトシジミの交尾ペアを見つけました。
d0251807_552264.jpg

この後、一陣の風が吹きクモに接近するハプニングがありました。クモが動く気配
を感じたので小生この草穂を元に戻しました。
d0251807_5523774.jpg

by chosanpo | 2011-10-30 06:26 | シジミチョウ
クロコノマチョウがそろそろ発生する時期だと思い、過去の発生ポイントを中心
に2時間程さがしました。いわゆる「草原」の入口でなんと2頭同時に見つけました。
今年初見です。
2頭一斉に飛び立ち、1頭は逃げられましたが、残りの1頭を追いかけました。
後から考えると交尾の準備中だったかも知れません。千載一遇のチャンスだった
の思いが頭をよこぎりながら、とにかく撮影しました。
フラッシュ撮影
d0251807_17414860.jpg

クロコノマチョウを初めて見る方もいると思いますので2週間前の幼虫、蛹写真を再掲します。
10/16撮影
d0251807_17424425.jpg

この後、飛翔して今度は葉上に止まりました。
フラッシュ撮影
d0251807_17432677.jpg

さらに移動して翅上部に日が当たるようになりました。開翅に期待度が高まります。
フラッシュなし、1/60、高感度
d0251807_17433897.jpg

翅全体に日が当たるようになりました。辛抱強く観察しましたが、開翅には至りませ
んでした。
フラッシュなし、1/60、高感度
d0251807_17435097.jpg

by chosanpo | 2011-10-29 18:23 | ジャノメチョウ
昨年見つけたセイタカアワダチソウの蝶ポイントへ移動しました。
10/初に訪れた時は全く生えてなかったのですが、50cmの高さにまで伸び
ていました。
ツマグロヒョウモンの吸蜜メス個体を見つけました。この花の良いところは
背景がぼけるように真直ぐ咲き、蝶とのコントラストが付き易い点です。
d0251807_1941326.jpg

今度は、オス個体が飛翔してきて止まりました。
d0251807_19414319.jpg

ベニシジミの開翅を撮影しました。新鮮で美しい個体でした。
d0251807_19423323.jpg

オスのヤマトシジミの開翅も撮影しました。青が美しい個体でした。
d0251807_1942512.jpg

少し先の花にシジミチョウが3頭止まっています。しかも2頭が開翅していま
す。そっと近づいて翅を開くタイミングに合わせてシャッターを押しました。
d0251807_1943130.jpg

ウラナミシジミもやってきました。この蝶は1頭しか確認できませんでした。
d0251807_19431538.jpg

by chosanpo | 2011-10-24 20:18 | タテハチョウ
昼前に別の公園に移動しました。
ウマノスズクサの生えているそばでジャコウアゲハの蛹があるのをアマチュア
カメラマンの方が教えてくれました。蛹は、小生初見でした。
d0251807_22243.jpg

すぐ近くで前蛹も見つけました。
d0251807_2223732.jpg

少し離れたポイントに移動して今年初見のツマグロヒョウモンの交尾ペアに
出会いました。歩いていたら地面にいたので驚きました。
d0251807_2224886.jpg

散策路の少し先のアセビの木で今度はヤマトシジミの交尾ペアを発見しました。
以前交尾ペアを発見した時も2連続でした。雨が上がり日が差して温度が上昇
したせいかも知れません。
d0251807_223437.jpg

葉上に止まっているヤマトシジミのオス個体を見つけました。
d0251807_2231817.jpg

別のオス個体の開翅を撮影しました。青がまぶしい個体でした。
d0251807_2233332.jpg

by chosanpo | 2011-10-23 22:46 | アゲハチョウ
雨が上がり午後から晴れの予報なので、近場の公園に出かけました。
駐車場で「てくてく写日記」のBANYANさん、「蝶鳥ウオッチング」のYODA
さん、「自然散策雑記帳」のねこきちさん、埼玉のSさんにお会いしました。
キタキチョウのポイントでオスの吸蜜個体を見つけました。
d0251807_19412761.jpg

散策路の奥でねこきちさんにキタテハの蛹を見つけて頂きました。
d0251807_19413663.jpg

別の散策路で何とこの時期でツクツクボウシがクモの巣にかかっているのを発見
しました。ツクツクボウシは、見たところ無傷でそんなに前の個体ではないよう
です。クモが捕食し始めようとしていました。
d0251807_1942832.jpg

この後、「風任せ自由人」のmaximiechanさんと会流し2人でムラサキツバメの
探索に出かけました。この日確認できた個体は5、6頭でしたが、いずれも近づく
と敏感にさっと飛翔しUPで撮らしてくれませんでした。
d0251807_19422017.jpg

近くの白いサザンカに複数のホウジャクが吸蜜にきていました。
d0251807_19423290.jpg

by chosanpo | 2011-10-23 20:36 | シロチョウ
朝からあいにくの雨模様でしたが、先週記載のアケビコノハ前蛹が気になり
近場ポイントへ出かけました。繭室の廻りの葉は枯れ始めていましたが、中を
覗ける穴は見当たりませんでした。
d0251807_17554376.jpg

思い切って葉をめくって繭室の中を観察しました。完全に蛹化しておりその廻り
を繭状の白いものが覆っていました。
小生責任をもって復旧しました。
d0251807_1756040.jpg

この後、雨が上がりヤマトシジミが数匹飛翔始めました。オスの個体を撮影し
ました。
d0251807_17561393.jpg

すぐ上の木を見上げ、はっとしました。トンボがクモの巣にかかっていました。
雨が上がり、クモが捕食の為動き始めているようでした。
d0251807_17562196.jpg

場所を移動して、ダイミョウセセリの巣を見つけました。ヤマノイモの葉を上手
に重ねています。
d0251807_17564321.jpg

葉をめくると幼虫がいました。
d0251807_17565485.jpg

すぐそばもう1つ巣があり、葉をめくるとこちらは蛹でした。
d0251807_1757117.jpg

この場所で巣を計3つ発見しました。
by chosanpo | 2011-10-22 18:34 |
公園の入口で「自然散策雑記帳」のねこきちさんに出会いました。
熱心に何か撮影されているようで、覗き込むと桑の葉を食べるクワコでした。
桑の葉がほとんど丸坊主でした。
人間が長い年月をかけて家畜化したカイコの原種です。カイコの成虫が飛べな
いのに対してクワコの成虫は飛び廻る野生の蛾です。
d0251807_2153896.jpg

散策路の奥で今度はクロコノマチョウの蛹を見つけて頂きました。
d0251807_21532695.jpg

すぐそばで見つけたクロコノマチョウの幼虫の葉を引き寄せて蛹と幼虫の
2ショットで撮影しました。
d0251807_21533773.jpg

散策路のさらに先でアケビコノハの幼虫を見つけて頂きました。先週記載の個体
とは別個体でした。
d0251807_21535232.jpg

ねこきちさんの眼力に驚いたのはここからです。
すぐそばで前蛹を見つけてくれました。廻りの葉を上手に巻き込んで繭室をつ
くろうとしています
d0251807_21541361.jpg

繭室の上部の穴から頭部が見えます。
この後ムラサキツバメの探索に出かけ、そこで出会った埼玉のSさん、Yさん、
maximiechanさんを加えた計5人でこの場所に戻った時は繭室の上部穴も完全
に塞がった状態でした。
d0251807_21542678.jpg

少し離れた場所で蛹の抜け殻を見つけて頂きました。
d0251807_21544190.jpg

この日は幼虫、前蛹繭室、蛹の抜け殻の3形態を撮影したことになります。
by chosanpo | 2011-10-16 23:06 | ジャノメチョウ
そろそろムラサキツバメの発生する時期だと思い、近場のポイントへ出かけま
した。まずは蛹の状態を見る為、マテバシイの木の根元の落葉を裏返しみると
蛹がいました。
d0251807_17394081.jpg

2枚重ねの落葉をさらに裏返すともう1頭いました。いずれも熟してない蛹で
羽化までは時間がかかる個体でした。
d0251807_17395187.jpg

マテバシイの木の根元の若葉から成虫が飛び立ちました。今年初見の飛翔個体
を追いかけましたが、樹上の葉上に止まるのみでUPで撮らしてくれません。
d0251807_1740731.jpg

別の葉上に止まったところを撮影しました。この日は、気温が夏日並みに上昇
し開翅は期待できません。そこに「風任せ自由人」のmaximiechanさんが合
流されました。2人でイチかバチかの追い出し作戦を実行しましたがうまくい
きませんでした。この日確認できた成虫は、結局2頭のみでした。
d0251807_17404184.jpg

この後、数少なくなった幼虫を新芽で見つけました。蜜腺狙いのアリがたかっ
ていました。2時間後に又訪れるともういませんでした。
d0251807_1741277.jpg

この日は、幼虫、蛹、成虫の3形態を撮影出来たことになります。
by chosanpo | 2011-10-16 18:32 | シジミチョウ
キタキチョウのポイントから別の散策路に行きました。
ねこきちさんが見つけてくれたアケビコノハ幼虫の前に2人のアマチュアカメ
ラマンの方がいました。小生容易に初見のアケビコノハ幼虫を撮影出来ました。
d0251807_21404610.jpg

目玉模様部を拡大します。天敵の鳥等から身を守る威嚇用と言われています。
この部分は実は頭部ではなく、尾の部分です。
d0251807_2141295.jpg

目玉模様の反対側部を拡大します。
この部分は実は尾ではなく、頭部です。
d0251807_21412473.jpg

正面から撮影しました。実にユニークな模様、形状です。
d0251807_21414231.jpg

駐車場入り口でヒロヘリアオイラガの幼虫を見つけました。
鮮やかな緑色で目につく幼虫です。しかしこの幼虫の毛が刺さると激しい痛み
を感じるそうです。幼虫の上にあるのは繭です。ただし古いので昨年の繭のよ
うです。この繭にも刺があるそうです。
d0251807_21421821.jpg

by chosanpo | 2011-10-11 22:28 |