蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo
カレンダー

カテゴリ:他の昆虫( 21 )

安近短でいつもの公園ハチの巣ポイントを訪れました。ドロバチのすぐそばでムツバセイボウを見かけました。
d0251807_16182025.jpg
UPします。まばゆいばかりの金属光沢のような美しさです。
d0251807_16183103.jpg
 
d0251807_16185635.jpg
 
d0251807_16191111.jpg
 
d0251807_16192139.jpg
 
d0251807_16192844.jpg

by chosanpo | 2018-09-23 16:22 | 他の昆虫
オミナエシポイントを訪れました。10分程待機観察すると狙いの個体が姿を見せてくれました。遅まきながら生涯初見となります。ネット検索すると次の記述あり。「オオセイボウはスズメバチの泥の巣に穴をあけ卵を産み付ける。これが孵化するとこの巣の中でスズメバチの幼虫を食べて大きくなる。スズメバチの親はオオセイボウを見つけて必死で追い払おうとする。しかし、オオセイボウは鎧のように固い体をしているのでスズメバチが針で刺そうとしても手がつけられない。」さて本題の写真を8枚連続で掲載致します。
d0251807_07411129.jpg
 
d0251807_07412275.jpg
 
d0251807_07424768.jpg
 
d0251807_07412965.jpg
 
d0251807_07413758.jpg
 
d0251807_07414583.jpg
 
d0251807_07420215.jpg
 
d0251807_07423805.jpg
 
by chosanpo | 2018-09-01 07:57 | 他の昆虫
安近短でいつもの公園ハチの巣ポイントを訪れました。ドロバチが巣材料となるワラをくわえて頻繁に竹の巣穴に出入りしていました。
d0251807_07433518.jpg
すぐそばでムツバセイボウを見かけました。
d0251807_07435064.jpg
UPします。まばゆいばかりの金属光沢のような美しさです。 
d0251807_07435982.jpg
 
d0251807_07440825.jpg
 
d0251807_07442997.jpg
 
d0251807_07443879.jpg

by chosanpo | 2018-08-22 07:53 | 他の昆虫
クヌギ幹下部でカブトムシ雄個体を見つけました。
d0251807_07140981.jpg
UPします。
d0251807_07142045.jpg
右側面からのアングルです。
d0251807_07142853.jpg
クワガタ雌個体もいました。
d0251807_07144264.jpg

by chosanpo | 2018-06-29 07:22 | 他の昆虫
梅雨空続きでゼフ探索に出にくい日々です。安近短でいつもの公園を訪れました。ハチの巣ポイントでムツバセイボウを見かけました。まばゆいばかりの金属光沢のような美しさです。
d0251807_14175954.jpg
逆向きです。
d0251807_14181189.jpg
正面からのアングルです。
d0251807_14182026.jpg
フルアップシーンです。
d0251807_14182866.jpg

by chosanpo | 2018-06-21 14:30 | 他の昆虫
某ポイントです。キノカワガと並ぶ擬態名人コミミズクの登場です。野鳥ではなく昆虫の方です。
d0251807_08123915.jpg
側面からの撮影です。
d0251807_08125722.jpg
背中方向からのアングルです。枝に密着して見事な擬態忍者ぶりです。
d0251807_08131013.jpg
撮影中にゴソゴソ移動しているものがあり、良く見ると何と2頭いました。
d0251807_08132724.jpg

by chosanpo | 2017-12-05 08:32 | 他の昆虫
いつもの公園ハチポイントです。今季やっとムツバセイボウが見られました。大竹に止まりドロバチが飛来するのを待機観察している様子でした。
d0251807_07451012.jpg
開翅状態のフルアップシーンです。まばゆいばかりの金属光沢のような美しさです。
d0251807_07452392.jpg
大竹に沿って右廻り半周移動しました。3枚連続で掲載致します。
d0251807_07453367.jpg
 
d0251807_07454331.jpg
 
d0251807_07455379.jpg

by chosanpo | 2017-09-08 07:59 | 他の昆虫
いつもの公園のメハジキに今年もルリモンハナバチが2、3頭飛来してくれました。幸せを呼ぶブルービーです。黒いボディに美しい青毛縞模様のハチです。このハチは群れで行動する習性はなく、他のハナバチの巣に卵を産みつけ、産まれた幼虫は巣の主の成虫が集めてきたエサを横取りして成長する「労働寄生」という性質を持ちます。「ハチを見つけたいなら大好きなメハジキの花を見つけるのが早道」が専門家のコメントです。
d0251807_05402033.jpg
お尻を見せるアングルです。
d0251807_05403667.jpg
花の上になりました。
d0251807_05404614.jpg
見易いアングルです。
d0251807_05410093.jpg
飛び立った瞬間です。
d0251807_05411331.jpg
2頭同時飛来です。
d0251807_05413426.jpg

by chosanpo | 2017-07-31 05:51 | 他の昆虫
9/17記事の続報です。ネット検索で托卵過程をまとめました。
いつもの公園ハチ巣箱ポイントです。この日の狙いは、ステップ毎の写真撮影です。
ムツバセイボウの托卵過程
カッコウは、他の鳥の巣に卵を産み育てさせる習性があります。これを托卵と
呼びます。ハチの世界でドロバチに寄生して托卵するのがムツバセイボウです。
ステップ1:写真1、2、7
ドロバチAの穴をうかがうムツバセイボウBの姿がある。Aが穴から出たり入った
りを繰り返す。Aが穴から離れるとBが穴に近づき、穴に入るがすぐ出てきて待機
している。
Bがチラッとのぞいただけで托卵せずにAの巣穴を離れたのは、まだ卵を産み
つけるタイミングではないことを確認したためだろう。Aが我が子のためにたくわ
えるエサ(蛾の幼虫/これがB幼虫の餌となる)の貯蔵量がまだ充分でなかった
からと判断したのだろう。
ステップ2:写真5、6
Aは、エサを充分蓄えると育室を仕切るための葉を巣穴にせっせと運ぶ。
この後産卵する。
ステップ3
Bは、産卵の邪魔になる葉を巣穴から引っ張り出し外に捨てる。
この後産卵する。
ステップ4:写真3
Aは、Bの托卵に気づかずに巣穴を泥で塞ぐ。
ステップ5
A、Bの卵→幼虫→羽化成虫は、巣穴の泥を破って外に出る。

以下はこの日撮影した写真の説明です。
写真1:さっそく巣箱フレーム部でムツバセイボウを見かけました。
d0251807_18132131.jpg

写真2:上下の向きを変えました。
d0251807_18133171.jpg

写真3:先週観察した細竹穴は、泥で塞いでありました。
d0251807_18141432.jpg

写真4:別の細竹穴に出入りするドロバチが目に入りました。
d0251807_18143169.jpg

写真5:葉をくわえて穴に入った瞬間です。
d0251807_18145111.jpg

写真6:穴から出る瞬間です。
d0251807_1815426.jpg

写真7:さらに別の細竹穴をムツバセイボウが覗くシーンです。
d0251807_18151541.jpg

by chosanpo | 2016-09-29 18:49 | 他の昆虫
いつもの公園です。ハチの巣箱が設定されています。
d0251807_1859949.jpg

UPします。中央のハート型太竹の中に細い竹があります。
ここに出入りする2種のハチを見かけました。両種共動きが速くその瞬間を撮影出来
ませんでした。
d0251807_18592167.jpg

最初のハチが竹穴から出て葉に止まりました。オオフタオビドロバチです。
d0251807_1925149.jpg

2番目のハチが竹穴から出て巣箱のひさしに止まりました。ムツバセイボウです。
d0251807_1902870.jpg

UPします。別名「宝石蜂」と言われる所以のまばゆいばかりの美しさです。
d0251807_1904192.jpg

一連の動きをネット検索するとズバリ下記回答がありました。
宝石蜂「ムツバセイボウ」

カッコウは、他の鳥の巣に卵を産み育てさせる習性があります。これを托卵と
呼びます。ハチの世界でドロバチに寄生して托卵するのがムツバセイボウです。
ドロバチAの穴をうかがうムツバセイボウBの姿がある。Aが穴から出たり入った
りを繰り返す。Aが穴から離れるとBが穴に近づき、穴に入るがすぐ出てきて待機
している。
Bがチラッとのぞいただけで托卵せずにAの巣穴を離れたのは、まだ卵を産み
つけるタイミングではないことを確認したためだろう。Aが我が子のためにたくわ
えるエサ(蛾の幼虫/これがB幼虫の餌となる)の貯蔵量がまだ充分でなかった
からと判断したのだろう。
by chosanpo | 2016-09-22 19:36 | 他の昆虫