人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

カテゴリ:蛾( 178 )

いつもの公園散策路でアケビコノハ幼虫巣を見つけました。
d0251807_13455207.jpg
巣を開くと何と前蛹(姿はほぼ終齢幼虫と同じ)がいました。前蛹を初めて見ました。
d0251807_13460164.jpg
やや左側からの見易いアングルです。
d0251807_13460838.jpg
参考に蛹写真を掲載しておきます。巣を開くと通常はほとんどこの状態です。2017/09/19撮影。
d0251807_13465320.jpg

by chosanpo | 2019-10-08 14:04 |
いつもの公園トネアザミポイントです。ホシホウジャクのホバリングしながらのストロー吸蜜シーンが見られました。
d0251807_15382315.jpg
 
d0251807_15383150.jpg
 
d0251807_15383870.jpg
 
d0251807_15384443.jpg

by chosanpo | 2019-10-03 15:44 |
日本には20数種のシタバガがいるそうで、この夏蛾が魅力的なのは前翅を開いた時後翅にハットするような色が見える点にあります。埼玉で探し廻って見つからなかったベニシタバ(今季9種目)を某ポイントで見つけました。しかも複数個体です。
d0251807_07210758.jpg
UPします。後翅赤色が少し見えています。
d0251807_07211955.jpg
左側からのアングルです。
d0251807_07213142.jpg
後裏翅赤色が見えました。
d0251807_07224639.jpg
シタバガの代表的10種について特徴、後翅色、同定難易度を下記にまとめました。未撮影種はムラサキシタバのみになりましたが、今季出会えるかどうか------。
d0251807_07213905.jpg

by chosanpo | 2019-09-12 07:26 |
投稿タイトルを見て「まさか!」と思われた方もいると思いますが、フィクションではありません。フユシャクアイドルフッチーの幼虫飼育(孵化~蛹、別途報告予定)を5月に終えて来年2月の羽化を楽しみにしていましたが、何と9/8に羽化しました。ネットにも掲載されてない事例で驚きました。まさに事実は、小説より奇なりです。ネット検索すると幼虫飼育経験者談として下記記述あり。「2月羽化率30~50%、残り来春羽化」羽化直後で翅しわしわ状態です。手前は、蛹抜け殻です。
d0251807_15481299.jpg
側面からのアングルです。
d0251807_15482168.jpg
羽化7H経過後の状態です。羽化不全のようです。
d0251807_15484794.jpg

by chosanpo | 2019-09-08 15:57 |
いつもの公園です。例年通りアケビコノハ幼虫を見かけました。
d0251807_16423003.jpg
UPします。実にユニークな模様、形状です。目玉模様部は、天敵の鳥等から身を守る威嚇用と言われています。実は頭部ではなく尾で、尾部に見えるところが頭部です。
d0251807_16424052.jpg
別の枝を探すと何と2頭いました。
d0251807_16425232.jpg

by chosanpo | 2019-09-02 16:47 |
いつもの公園で寄生されたヒグラシを見かけました。本記事の主役は寄生している方です。
d0251807_07494312.jpg
UPします。セミヤドリガの5齢幼虫のようです。
d0251807_07495333.jpg
セミヤドリガをネット検索すると次の記述あり。①分布:日中でもやや暗いような年を経たスギ・ヒノキの植林内で幼虫がヒグラシに寄生しているのが多く見られる。成虫も同様の環境を飛び回りながら産卵するものと考えられている。②孵化、寄生:時を経た卵は、近くに来たセミの翅の振動などを感じて孵化し、取り付いて寄生生活に入る。セミの養分を吸い取り2週間で5齢になるが、セミが死ぬことはない。複数頭寄生の場合もある。③セミの種類:大部分がヒグラシに寄生し、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミは少数。本種とヒグラシの生息環境が近い為と思われる。④幼虫:1齢体長0.7mm細長い、2~4齢体長数mm丸っこい淡黄色から赤褐色、5齢体長数mm丸っこい白色。⑤成虫:体長8mm程の黒系小型蛾。
by chosanpo | 2019-08-18 07:54 |
チョウ記事に飽きた方もいると思い、蛾ネタを掲載致します。この時期の台風による豪雨の後は、いつもの公園雑木林ポイントへ直行することにしています。お目当ての初見個体がいる可能性が高いからです。幹を丹念に探すとやはり擬態名人がいました。コナラの幹地上2.5m位置にいました。
d0251807_07551783.jpg
UPします。
d0251807_07553070.jpg
左側からのアングルです。
d0251807_07553921.jpg

by chosanpo | 2019-08-16 08:00 |
某ポイントでシタバガを見つけました。日本には20数種のシタバガがいるそうで、この夏蛾が魅力的なのは前翅を開いた時後翅にハットするような色が見える点にあります。
d0251807_07394443.jpg
UPします。同定し易いシロシタバ(今季8種目)のようです。
d0251807_07400015.jpg
左側からのアングルです。
d0251807_07401817.jpg
同定の精度を上げる為には後翅色の確認が必要であり、少し驚かすと後翅白色が見えました。
d0251807_07403150.jpg
シタバガの代表的10種について特徴、後翅色、同定難易度を下記にまとめました。未撮影種はムラサキシタバ、ベニシタバの2種になりましたが、今季出会えるかどうか------。
d0251807_07404354.jpg

by chosanpo | 2019-08-08 07:47 |
時々行く公園クヌギ樹液ポイントでシタバガを見つけました。日本には20数種のシタバガがいるそうで、この夏蛾が魅力的なのは前翅を開いた時後翅にハットするような色が見える点にあります。
d0251807_15594187.jpg
UPします。ジョナスキシタバ(今季7種目)のようです。
d0251807_15595322.jpg
右側からのアングルです。
d0251807_16000721.jpg
同定の精度を上げる為には後翅色の確認が必要であり、少し驚かすと後翅黄色が見えました。
d0251807_16001697.jpg

by chosanpo | 2019-08-02 16:04 |
時々行く公園クヌギ樹液ポイントでシタバガ2種見つけました。日本には20数種のシタバガがいるそうで、この夏蛾が魅力的なのは前翅を開いた時後翅にハットするような色が見える点にあります。先ず見つけたのがミヤマキシタバ(今季5種目)です。
d0251807_07490883.jpg
UPします。ネット検索すると「食草はハンノキ」の記述あり。この幹の近くにハンノキ林があります。
d0251807_07492027.jpg
左側からのアングルです。
d0251807_07493896.jpg
同定の精度を上げる為には後翅色の確認が必要であり、少し驚かすと後翅裏黄色が見えました。
d0251807_07495857.jpg
かなり離れたクヌギで見つけたワモンキシタバ(今季6種目)です。
d0251807_07500985.jpg
UPします。
d0251807_07502332.jpg
右側からのアングルです。
d0251807_07503447.jpg
同定の精度を上げる為には後翅色の確認が必要であり、少し驚かすと後翅黄色が見えました。
d0251807_07505149.jpg

by chosanpo | 2019-07-28 08:01 |