人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

2019年 08月 18日 ( 1 )

いつもの公園で寄生されたヒグラシを見かけました。本記事の主役は寄生している方です。
d0251807_07494312.jpg
UPします。セミヤドリガの5齢幼虫のようです。
d0251807_07495333.jpg
セミヤドリガをネット検索すると次の記述あり。①分布:日中でもやや暗いような年を経たスギ・ヒノキの植林内で幼虫がヒグラシに寄生しているのが多く見られる。成虫も同様の環境を飛び回りながら産卵するものと考えられている。②孵化、寄生:時を経た卵は、近くに来たセミの翅の振動などを感じて孵化し、取り付いて寄生生活に入る。セミの養分を吸い取り2週間で5齢になるが、セミが死ぬことはない。複数頭寄生の場合もある。③セミの種類:大部分がヒグラシに寄生し、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミは少数。本種とヒグラシの生息環境が近い為と思われる。④幼虫:1齢体長0.7mm細長い、2~4齢体長数mm丸っこい淡黄色から赤褐色、5齢体長数mm丸っこい白色。⑤成虫:体長8mm程の黒系小型蛾。
by chosanpo | 2019-08-18 07:54 |