蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

2018年 09月 19日 ( 1 )

表翅左右対称に円形の白紋を付けたツマグロヒョウモン雄を見つけました。ネット検索すると「夏眠中のクモガタヒョウモンの翅の間に入り込んだ汚れた水滴がそのまま乾燥し、そのため左右の翅がくっつきその状態で翅を広げたため鱗粉が剥がれ落ちたようです。」との類似例記述あり。ただこの種は夏眠しないので不思議です。夏眠以外に閉翅状態を長く続けた理由があったのでしょうか。順番に写真を掲載致します。半開翅から白紋が覗く雄個体を見つけました。この個体を追いかけることにしました。
d0251807_07343446.jpg
ルドベキアに止まりました。
d0251807_07344943.jpg
ストロー吸蜜シーンです。
d0251807_07345757.jpg
見たかった全開翅シーンです。左右対称の白紋です。
d0251807_07350382.jpg
 
d0251807_07351105.jpg

by chosanpo | 2018-09-19 07:52 | タテハチョウ