人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

2015年 12月 14日 ( 1 )

2015企画展   2015/12/13

写真の受取を兼ねて午後企画展を訪れました。イチョウの黄葉が見事でした。
d0251807_18251956.jpg

入口の様子です。
d0251807_18252896.jpg

さっそく永幡さんのミニ講演会「極東ロシアの自然と動植物」を聴講しました。
貴重なお話を聞くことが出来ました。
d0251807_18261770.jpg

その後、諸先輩の力作を拝見致しました。ツシマウラボシシジミは小生も撮影したか
ったです。これについては後述します。
d0251807_18253990.jpg

個人情報保護法の観点から小生の作品のみ掲載致します。
d0251807_18255873.jpg

企画展の写真無料返却等について

4年前に標記の件で保全協会に問合せしたところ、「そんな問合せをしてきた人は
過去にいません。皆さん寄贈されます。返却となると別途請求ご相談させて頂き
ます。」という冷笑回答メールが届きました。小生はそれ以来応募を見送ってきま
した。自分の作品を返却してもらうのに、なぜ有償なのか理解に苦しんだ為です。
今回無料返却と聞いて初めて応募しました。
→この件を事務局のMさんへ話したところ下記コメントがありました。
「その当時の事務局担当は既にいなく、詳細不明だが担当による解釈の違いが
あったのでは----」
無料返却の明文化が実現したのは今年の話で、小生の疑念は晴れませんでした。
無料返却は来年以降も継続実施することは確認しました。企画展後の写真の有効
活用をPRすることが必要ではないでしょうか。展示後お蔵入りと考えている人もい
ると思います。
会員、事務局間の意識のズレを感じました。それを端的に表しているのが某生物園
のツシマウラボシシジミ公開問題です。
①生物園はブログ掲載可としてしているのに事務局はNGと言っている。
②公開日を前日に連絡している。7/中と言えば蝶シーズンピークであり、多くの方が
計画を立てており前日連絡では対応出来ない。
本件、他会員ブロガーが既に指摘しております。
→この件を事務局のMさんへ話したところ下記コメントがありました。
「事務局の現在の立場は、ブログ掲載NGから可に変更となっている。
事務局が知ったのも前日です。オマケのサービスとして情報を入れました。事務局
は、生物園に指示する立場ではなく、お願いする立場です。撮影者がたくさん殺到
すると、飼育作業に影響を与え、又直前にならないと成虫が見られるかどうか判ら
ない。」
そういうことなら、情報の入れ方が中途半端だと思います。
「情報を全く入れない」又は「入れる」のなら次のような方法があります。
事前申請制とし、下記を守れる人のみの事務局許可限定とする。
①飼育作業に影響を与える撮影行為は控えること。
②当日成虫を撮影出来ない可能性があり、無理な注文を付けないこと。
by chosanpo | 2015-12-14 19:00 | その他