人気ブログランキング |

蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

多摩動物公園  オガサワラシジミ飼育2017/12/09①

「オガサワラシジミ飼育法確立」と聞いて講演会に出かけました。小笠原諸島の母島にのみ生息し、地元の人も滅多に見られない超希少種です。
d0251807_07132743.jpg
左上が雄、左下が雌個体、右が閉翅状態です。
d0251807_07134881.jpg
標記の件に絞って時系列に記述します。2005~2013年:交尾例2件、幼虫は食草のオオバシマムラサキの蕾、花以外に新葉も食べることが判明。ただし産卵は蕾にする。
d0251807_07140522.jpg
食草
d0251807_07142722.jpg
食草新葉食痕
d0251807_07144932.jpg
2014~2015年:足立区生物園大温室で交尾実験実施(葉上の雄の前に採集網を使用して雌を飛ばす)、1世代目交尾成功、2世代目交尾失敗。最初は垂直方向に飛翔するが環境に慣れると壁、食草の位置を認識し水平方向に飛翔することが判明。
d0251807_07150723.jpg
2016~2017年:多摩動物公園内に温室(6m四方)設置して交尾実験実施(人が立って観察)、2世代目まで交尾成功。水平方向飛翔エリアが狭いことが判明。
d0251807_07152509.jpg
2017年:温室内に小温室(8畳)設置して効率的交尾実験実施(人が座って観察)、6世代目まで交尾成功。(寿命2ケ月につき年6世代交尾が継続条件)
d0251807_07154128.jpg
より確実な飼育、真夏の暑さ対策が今後の課題となる。母島での絶滅を考慮して、多摩飼育は保険の意味も兼ねる。
d0251807_07155793.jpg

by chosanpo | 2017-12-10 07:54 | 南国蝶