蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo
いつもの公園です。エノキ幼木葉裏にアカボシゴマダラのシルエットを見つけました。
d0251807_08074972.jpg
葉表からのUPです。3齢でしょうか。
d0251807_08080415.jpg
手前からの撮影です。
d0251807_08081410.jpg
反対側からのアングルです。
d0251807_08083137.jpg
結局4頭の幼虫を確認しました。枝をたぐり寄せての同時撮影です。実は撮影時は3頭だと思いましたが、再生すると葉陰にもう1頭(1番下)写っていました。
d0251807_08084378.jpg

# by chosanpo | 2017-11-11 08:27 | タテハチョウ
いつもの公園お茶の木ポイントです。アカタテハを見かけました。
d0251807_13343870.jpg
花で吸蜜を始めました。
d0251807_13345583.jpg
この日はストロー形状にこだわっての撮影です。先ずは、ストレートストロー吸蜜です。
d0251807_13350667.jpg
ストローを少し曲げた吸蜜です。
d0251807_13351462.jpg
ストローを丸めた見事な吸蜜シーンです。
d0251807_13352578.jpg

# by chosanpo | 2017-11-10 13:50 | タテハチョウ
いつもの公園垣根ポイントでサプライズがありました。最初は普通のウラギンシジミだと思いました。
d0251807_07333509.jpg
少し開翅しました。
d0251807_07335013.jpg
さらに少し開翅しました。ひょっとして表後翅に白斑がない雌個体かな?と気づきました。
d0251807_07340943.jpg
はっきりさせる為全開翅を撮影しようとしましたが、人の気配に敏感でうまくいきません。接近して飛ばれこれを3回繰り返しました。遠くから何とか撮影しました。かなりトリミングしてあります。やはり表後翅白斑なし個体です。下記普通個体と比較参照すると判り易いと思います。フィールドガイド日本のチョウによると「個体変異で消滅することもあり」との記述がありました。今までウラギンシジミ雌個体は相当数撮影した記憶がありますが、生涯初見です。
d0251807_07342279.jpg
普通個体
d0251807_07350010.jpg

# by chosanpo | 2017-11-09 08:04 | シジミチョウ
いつもの公園散策路で3名の方が何かを熱心に撮影されているのが目に入りました。お聞きするとウソ雄個体とのこと。ムラサキシキブの紫の実を啄んでいるようでした。
d0251807_07561082.jpg
実をくわえながら上半身が見えます。
d0251807_07565520.jpg
左向きです。
d0251807_07570537.jpg
紫の実が良く見えます。
d0251807_07571601.jpg
今度は右向きです。
d0251807_07572978.jpg

# by chosanpo | 2017-11-08 08:14 | 野鳥
いつもの公園キヅタポイントです。陽だまりで茶色の蝶が舞っていました。葉上に止まったので確認すると何とテングチョウでした。
d0251807_08114988.jpg
キヅタの花に止まり本格吸蜜です。
d0251807_08120255.jpg
半開翅吸蜜です。
d0251807_08121676.jpg
全開翅吸蜜シーンです。雄個体のようです。
d0251807_08122890.jpg

# by chosanpo | 2017-11-07 08:24 | テングチョウ