蝶をさがして気ままに山歩き


by chosanpo

カテゴリ:その他( 34 )

いつもの公園です。野生生物写真展を開催しているので立ち寄りました。もちろん宣伝を依頼された訳ではありませんが、紹介致します。例年より応募が多く1F、2Fの2ケ所展示です。
d0251807_08092828.jpg
展示作品は約70点程で、7割が野鳥です。蝶は5点ありました。ムラサキツバメ、アカシジミ、ミドリシジミ、ウラナミシジミ、他1種です。個人情報保護法の観点から、小生と蝶友ヒメオオさんの作品2点のみ掲載します。高い壁展示の為、写真へのガラスの写り込みがありご容赦下さい。先ずはヒメオオさんの作品です。葉上でのムラサキツバメ雄雌同時開翅です。小生もまだ撮影したことがなく、傑作だと思います。
d0251807_08093993.jpg
小生の作品です。ガマズミでのアカシジミストロー吸蜜です。
d0251807_08095083.jpg

by chosanpo | 2017-03-11 08:35 | その他
蝶探しで数ヶ所移動しました。某ポイントでドローンの準備をしている方にお会いしました。いい方向で活用すれば有効なツールですが、まだ実際に見たことがありません。許可を得て撮影させて頂きました。左が本体、右がコントローラです。
d0251807_16004879.jpg
本体のスタンバイ状態です。カメラは本体下部に装着されています。
d0251807_16010198.jpg
離陸準備です。コントローラで本体カメラ撮影映像がモニタリング出来ます。
d0251807_16011504.jpg
離陸直後です。
d0251807_16012996.jpg
かなり上昇した状態です。
d0251807_15340543.jpg
付近の山並みを旋回撮影している様子です。知らない人が見たらUFO?
d0251807_16021158.jpg

by chosanpo | 2017-02-22 17:58 | その他
1/31,2/1は天体ショーが再度見られることが判かりました。
①月に金星大接近(1/31、1/2の再現)
②月に火星大接近(2/1、1/3の再現)
撮影は、すべてコンデジ特殊モードによります。
①の18時ネットシュミレーション図です。
d0251807_931633.jpg

撮影時間が2H程遅く、三日月がかなり下に移動しています。圏央道上陸橋から撮影しました。
この場所は、360度見渡せるので流星撮影に使えそうだ。
20:12撮影
d0251807_961735.jpg

②の18時ネットシュミレーション図です。
d0251807_941779.jpg

撮影時間が少し早く、火星が見えません。
17:41撮影
d0251807_944553.jpg

火星が見えるようになりました。
17:58撮影
d0251807_95727.jpg

場所を少し移動しての撮影です。
18:00撮影
d0251807_951641.jpg

by chosanpo | 2017-02-02 09:34 | その他
数日前から明るい星があるのに気づきネット検索してみました。
1/2,3は大きな天体ショーが目白押しであることが判かりました。
①月に金星大接近(1/2)
②月に火星大接近(1/3)
③しぶんぎ座流星群(1/3)
ただし③は寒さで1H程でギブアップし、本日は①②の紹介です。
撮影は、すべてコンデジ特殊モードによります。
①のネットシュミレーション図です。
d0251807_727567.jpg

三日月の左横に金星が接近した様子です。
18:51撮影
d0251807_7285293.jpg

②のネットシュミレーション図です。
d0251807_7281279.jpg

三日月の右下に火星が接近した様子です。屋根上に見えるのは海王星?(大きく明るすぎるか)
どうやら昨夜三日月の横にいた金星のようです。
18:55撮影
d0251807_7282537.jpg

by chosanpo | 2017-01-04 08:20 | その他
午後企画展を訪れました。イチョウの黄葉はかなり散っておりました。
d0251807_18155664.jpg

入口の様子です。
d0251807_1816879.jpg

さっそく永幡さんのミニ講演会「幻のバッタ、再発見!」を聴講しました。
貴重なお話を聞くことが出来ました。
d0251807_18162119.jpg

その後、諸先輩の力作を拝見致しました。アンケートをお願いされました。
「美しく撮れている写真よりも千載一遇のシャッターチャンスが読み取れる
作品」に上位投票しました。(小生の一貫した写真観です。)
d0251807_18163422.jpg

個人情報保護法の観点から小生の作品のみ掲載致します。
d0251807_18164444.jpg

by chosanpo | 2016-12-22 18:20 | その他
東京方面に用事があり、思い切って横浜まで足をのばしました。
一度訪れようと思っていた場所があったからです。某駅で降り狭い坂道を登ったところ
にその場所はありました。ドルフィンです。
d0251807_18185965.jpg

入口の様子です。おそらく日本で一番有名なカフェレストランでしょう。
d0251807_18191059.jpg

2Fに上がり海が見える窓側の席に案内されました。予定通りドルフィンソーダ
を注文しました。ピアノBGMが突然代わり嬉しいことに「海を見ていた午後」
(音質の良い荒井由美の若い頃の透明な声)が天井から流れてきました。
これで800円ならリーズナブルな値段でしょう。
ほぼ同時に入店した2人の女性は、このサービスに驚き感激していました。
ソーダ水の緑が濃いこと、窓から見える風景がビル乱立で40年前と一変し
たことにより、「ソーダ水の中を貨物船は通り」ませんでした。
この話、良く判らないとおっしゃる方もいると思います。
実は荒井由美が前記曲を作曲した舞台になったカフェでのあまりにも有名な
印象的シーンです。
d0251807_18192868.jpg

詩に登場する「晴れた午後には遠く三浦岬も見える」はやはり無理でした。
d0251807_18194359.jpg

1Fに荒井由美のサイン入り皿が展示されていました。
d0251807_18195418.jpg

by chosanpo | 2016-12-20 18:28 | その他
今年も隣町の北本ねぶたまつりに出かけました。
青森のねぶたまつりを参考にして20年以上の歴史があるそうです。
写真は、すべてコンデジの夜景モードで撮影しました。
d0251807_1825444.jpg

北本駅西口大通りの両側に屋台がずらり並んでいました。足の踏み場もない程の
見物客でうめつくされていました。盛況でした。
d0251807_1826569.jpg

屋台の人が忙しそうにしていました。
d0251807_18262020.jpg

説明文なしの写真を連続で掲載します。
d0251807_18263655.jpg
d0251807_18265129.jpg
d0251807_1827320.jpg
d0251807_18271721.jpg
d0251807_18273864.jpg

by chosanpo | 2016-11-09 18:34 | その他
歴史好きの小生にとって、外せない旬のシーンが「犬伏の別れ」です。
時は、「関ケ原の戦い」前夜である。上杉討伐で会津に向かった徳川家康に参陣
する為、真田昌幸、雪村、信幸(雪村の兄)親子は犬伏で合流します。
(現栃木県佐野市犬伏新町にある新町薬師堂と言われている)
石田三成から「大阪で挙兵せり、豊臣に味方せよ」との密書を受け取ったからです。
ここで真田家の命運を賭けた密議が行われます。世に言う「犬伏の別れ」である。
本堂前には、何と20名近い歴友が集まっていました。
d0251807_7475768.jpg

本堂右前には、説明文があります。
真田昌幸、雪村は豊臣、信幸は徳川に味方する決定をするが、どちらが勝っても
真田家が存続させる為の苦渋の決断であった。
「関ケ原の戦い」に勝利した徳川家康は、信幸に松代に10万石を与え以後松代藩
として真田家は明治維新まで存続することになる。
d0251807_748676.jpg

本堂を覗くと「どうぞ上がって下さい」と言われ、10名になった時点で地元の人に
5分程「犬伏の別れ」の逸話を説明して頂きました。これには、助かりました。
9/4放送の大河ドラマ真田丸では、「誰も来てはならぬ」との命に反して密議があまり
にも長いので心配して覗きに来た家来に向かって昌幸が下駄を投げつけるシーンが
あったのを覚えていたでしょうか。右側の昌幸の鎧の左奥にある下駄がそれです。
d0251807_7481735.jpg

by chosanpo | 2016-09-11 08:31 | その他

長野 荒船山2016/08/06⑦

蝶撮影後、コスモス街道から下仁田方面に向かいました。
狙いは高速代節約(約-1000円)と荒船山撮影です。この時期渋滞知らずの眺望
の良いルートで、今後も使えそうだ。上信越道を使用すると佐久平~横川間に連続
10ケのトンネルがあり、これを通過しないで済むのも有難い。
9月満開のコスモスはまだ1分咲きでした。
d0251807_6172069.jpg

高速並の速度で進行するとすぐお目当ての荒船山が見えてきました。
d0251807_6173183.jpg

山のUPです。「南北約2km、東西約400mの安山岩でできた台地で、平坦な頂
上部と切り立った崖のある山容が、荒波を割って進む船を思わせることからその
名が付けられたといわれている。」
d0251807_6174436.jpg

少し下った場所で再度撮影です。
d0251807_6175471.jpg

by chosanpo | 2016-08-13 06:37 | その他

長野 上田城2016/07/16④

歴史好きの小生にとって信州と言えば、外せない旬の被写体が上田城です。
大勢の観光客が来ていました。徳川の大軍を2度にわたり撃退した天下の名城です。
平城ながら千曲川、崖をたくみに利用した天然の要害です。
中央が東虎口櫓門、左右が南櫓、北櫓です。
d0251807_1821138.jpg

門右手前にあるのが、有名な真田石です。
2代目城主信幸(幸村の兄)が松代に転封された時、父の形見として運ぼうとしたが
動かなかったと言われています。
d0251807_18211128.jpg

東虎口櫓門を裏から見た光景です。
d0251807_18212335.jpg

最奥にある西櫓です。
d0251807_18213839.jpg

本丸の周囲にある堀跡です。
d0251807_18215249.jpg

東虎口櫓門奥にある初代真田昌幸、信幸、幸村を主神とする真田神社です。
d0251807_1822757.jpg

その奥に真田井戸があります。敵に包囲された時の抜け道があるとの言い伝えが
あります。
d0251807_18222144.jpg

西櫓入口手前から見た千曲川方面の市街地光景です。中央に通過中の北陸新幹線
が見えます。
このポイント崖下をNHK番組「ブラタモリ」でタモリが歩いたそうです。
d0251807_1822327.jpg

by chosanpo | 2016-07-20 19:07 | その他